館内催し物のご案内

戦争体験をいかに語り継ぐか供 3世代で語り合う‐

              ←※クリックで画像が大きくなります

 

◆開催日:令和元年 日(


◆時 間:13:30 〜 16:30

◆会 場:大会議室(3階)

 

◆内 容:13:30〜14:00 沖縄戦遺品展示と解説

     14:00〜15:20 西尾・井上・藤原氏によるディスカッション

     〔 15:20〜15:30 休憩 〕

     15:30〜16:30 藤原・西尾・井上氏と参加者のディスカッション

 

 

 ・井上 喜雄 氏 (「京都戦争体験を語り継ぐ会」メンバー)

    1934年京都市生まれ。尋常小学校が国民学校と名称変更した1941年に一年生として入学し、敗戦時まで

    軍国教育をうける。同志社大学神学部大学院聖書神学科修士課程修了。日本キリスト教団牧師として各地

    の教会を40年歴任。他に刑務所、少年院にて31年間教誨師を務め、特別養護老人ホーム勤務経験もある。

 

 ・藤原 辰史 氏 (京都大学人文科学研究所 准教授)

    1976年北海道生まれ、京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程中途退学。

    専門は、食と農業をめぐる歴史学研究。

 

 ・西尾 慧吾 (沖縄戦遺骨収容国吉勇応援会・学生共同代表)

    1998年大阪府生まれ。Yale University 2年。文化人類学・哲学専攻、特にマイノリティ差別の問題を

    学習。高校2年の修学旅行で沖縄を訪問。戦後70年が経過してもなお壕に入れば毎日遺品が出土する、

    という現状を知らされた際に受けた沖縄に対する無知への衝撃から、生徒会で沖縄戦を学ぶグループを

    組織、文化祭で遺品展示を実施。その活動が広まり、現在は全国各地での遺品展開催に加え、修学旅行

    で沖縄に行く中高生への事前学習や、遺品を通して沖縄戦を学ぶ学習キットの作成などを行っている。

 

 

◆定 員:200名
◆参加費:無料

 

 


【お申し込み・お問い合わせ】

◆連絡先:京都戦争体験を語り継ぐ会 〔代表 今西儀夫〕

      <TEL・FAX>  0771621075

      <メール>    kataritsugu0815miyako@gmail.com

 

      ★Facebook・Twitter でも詳細をご覧いただけます

       →「京都戦争体験を語り継ぐ会」で検索

 


主 催:京都戦争体験を語り継ぐ会

 

 

  
  • 2019.07.07 Sunday
  • -
  • 12:30
     

▲このページの先頭へ

【館内催し物のご案内】一覧にもどる